AカップやBカップでも谷間を作る

「バストアップ」したいと思っている女性は多いのではないかと思います。

AカップやBカップの方は特にそうでしょうね。。。胸の谷間を作りたいですし。

自分の思うように服を着こなすため、彼氏が巨乳が好きとか、漠然と巨乳に憧れているとかそれぞれ理由があると思います。

私はBカップで、決して大きいとは言えない胸ですが、バストアップしたいと思ったことはありませんでした。しかし、私は以前、お付き合いした男性に「痩せすぎだからもっと太った方が良い」と言われたことがあり、それをきっかけに一生懸命食べるようになりました。

一か月後彼に「太ったんだけどどうかな?」と尋ねました。するとその男性は「太ったら胸が大きくなると思って」と申し訳なさそうに言いました。

谷間って男性から見るとやっぱり魅力的らしいんです。私は、酷く落ち込みました。自分が気にしていなかっただけで、あった方が良いとその時初めて思ったからです。

そういった経験をもとに私のように人に言われてと言う人と、自発的に欲しいと思う人を合わせるとかなりいるのではないかと思います。AカップやBカップの方であれば、かなりの人がそんな思いを持っているのでは?

AカップやBカップの人が谷間を作るために大事なのは?

胸の悩みを改善

話は脱線しましたが、例えば大きい胸。「巨乳」と言われてどんな胸を思い浮かべますか。単純に大きさ以外の特徴を上げるならば、「谷間」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。谷間はやはり大きな胸には魅力的なポイントになりますから。

実はこの谷間、Aカップ以上ならば十分につくる事ができます。AカップやBカップであれば大丈夫。

ただし胸が離れている場合は、AカップやBカップどころかCカップでも谷間はできにくいかもしれません。


離れ乳

「離れ胸」という言葉を聞いたことがありますか?読んで字の通り、左右の胸が離れた状態の事です。

かといって左右の胸が近ければ近い程良いということでもなく、胸には大きさや形、はりが大切でそれを踏まえた黄金比があります。

その左右の胸の適切な距離は、正面からみて鎖骨の中心と右のバストトップと、左のバストトップの三点を直線で結んだ時に、正三角形になる事です。今回はその黄金比にするための方法やバストアップの方法を紹介します。

谷間を作るためにはここが大きなポイントになります。

大胸筋と小胸筋が谷間を作る土台になる

女性の大胸筋と小胸筋の鍛え方

垂れた胸が原因で黄金比ではない人におすすめしたいのは大胸筋を鍛える事です。大胸筋を鍛える事によって垂れた胸が解消されるだけでなく、現在の胸の発育とは関係なく胸が数センチ大きくなるので今より大きくなりたい人にもお勧めです。

しかし、大胸筋を鍛えてバストアップと言うのは脂肪の下の部分が大きくなることで、大きく見えるようになるというだけなので「大胸筋=胸の土台」程度に思ってください。

その大胸筋を鍛える方法とは「腕立て伏せ」です。腕立て伏せができないという方や、腕立てふせはきついという方は膝をついてやっても良いと思います。

次に小胸筋(しょうきょうきん)です。おそらく小胸筋と言われて「小胸筋ってどこ?」と思う人がいると思います。

小胸筋は、大胸筋の裏にある筋肉です。小胸筋はあまり知られていませんが助骨を持ち上げ呼吸を助けてくれる大切な筋肉です。

その他にも小胸筋は胸が背中にいってしまうのをふせいだり、胸をつりあげる筋肉です。

小胸筋はデスクワークや料理等、腕をつかう動作で使っています。ですから使用頻度の高い小胸筋は疲労で筋肉がパンパンになってしまいがちです。そんな小胸筋のストレッチ法の1つを紹介します。

まず壁とくびれが向かい合うように立ちます。このとき壁と平行になるように立ってください。
つぎに壁と向かい合っているくびれと同じ側の足を一歩後ろに下げます。
そして壁に近い方の手を真っ直ぐ上にあげて、壁につけます。
それから脇を伸ばすような感じで体を壁に近づけます。この時壁について良いのは手だけです。最後に反対側も同様に行ってください。

これだけでも毎日続けることによって十分な効果が得られます。谷間を作るためにぜひ行ってくださいね。

猫背だとAカップやBカップが余計に小さく

胸がない

筋トレも大切ですが、日々の生活を見直すことも大切です。あなたがもし猫背ならば、改善することを勧めます。猫背は本来よりも胸を小さく見せます。猫背を改善するだけで谷間が出来る人もいます。

直してみないとわからないところはありますが、確実に言えるのは猫背を直すことで、今よりも胸が大きく見えるようになり、スタイルがよく見えます。AカップやBカップの人でも絶対大きく見えるからやってみる事をおすすめします。

猫背を直すアイテムは世の中に沢山あります。姿勢矯正バンド、猫背にならない椅子、背筋サポートインナー等。私も何度か購入したことがあります。

これらは100円ショップで売っているものもあれば、5万円のものもあります。そのなかでどのアイテムが一番早く猫背がなおるとか、コスパが良いとかいうつもりもありません。

私が実際に使用したものはどれも猫背改善の為に開発されただけあって効果を感じました。なので例えばインナーならばインナーをつけている間は姿勢が良くなりますし、実際に効果があるものが多いと思うので賢く使う分には良いと思います。

ただ私が思うに、猫背用のアイテムを使っているから治ると安心するのは良くないと感じていて猫背を直すことにおいて、「猫背を直したい」という本人の気持ちが最も重要だと思います。

自身が猫背だと気がついた時に意識して直していくことが一番の近道です。先ほど紹介した小胸筋のストレッチも猫背解消の役にたつので、正しい姿勢をすることがきついという方は小胸筋のストレッチからはじめるのも良いと思います。

AカップやBカップの人が谷間を作るためには大事な猫背の改善ですよ。

谷間を作るためにナイトブラ使ってますか

ナイトブラ

寝る時に、ブラをつけていますか。実は結構ノーブラで寝ていたり、昼用のブラジャーを使っている人が多いです。

寝ている時ノーブラだと、バストが横に流れ、バストラインは崩れていってしまいます。

昼用のブラジャーをつけて寝ると今度は、上にながれてしまったり、締め付けられた状態でリラックスできなかったり、寝返り等で胸を押し付ける形になってしまい、胸の形が崩れやすくなります。

ではそんな時どうしたらよいのかというと、ナイトブラをつけることを提案します。

ナイトブラにはワイヤーがないので負担が少ないです。

寝る事を想定しているため、胸が流れないように全方位ガードされています。

それから体や成長のメンテナンスの時間は一般的に22時から2時と言われていて、胸も例外ではありません。

その時間帯に昼用のブラジャーをつけていると、昼用のブラジャーは上半身をおこしているという想定のもとで作られているので、胸の形を悪くするだけでなく、血行も悪くします。その結果、育乳にも影響します。

ナイトブラの必要性を説明したところで次に、選び方を紹介します。ナイトブラは大きく分けて2つあります。1つは、胸の形を整えるタイプのナイトブラ。もう1つは、垂れ予防と育乳向きのナイトブラ。

目的に応じてどちらが良いか選んでください。

どちらのブラにも言えることですが素材は綿100%のものが好ましいです。

それから、ナイトブラは継続しないと意味がありません。継続してつけていける値段のナイトブラを選びましょう。

最後に、昼用のブラジャーにもいえることですが、サイズの合ったものをつけてください。胸のサイズは変化します。購入する際は、下着屋さんでサイズを測ってからにしてください。