中学生の胸を大きくする

もう私も中学生なのに全然胸が大きくならない・・・。

そんな悩みを持っている女子はかなり多いようですね。

年頃ですし、どうしても他の子の胸と比べちゃいます。

なんとなく他の子よりも成長が遅いと、心配するんですよね。

胸の大きさもそうですし、スタイルなんかも同じことが言えます。

例えば、中学生の女子からこんな質問が届いていたりしています。

『中2になったんですが、胸がaカップで生理は全く来ていないんです。

他のクラスの女子は胸も大きくなっていて、生理ももう来ています。

どうしたら胸は大きくなる?あと生理が来ないのはなにか病気などでしょうか?』

心配な気持ちは分かりますが、こういった事は個人差が非常に大きいものです。

だから、今心配してどうこうしなくても大丈夫です。

とは言っても、やっぱり何かしたい気持ちはよく分かります。

ですので、中1中2中3女子に効果のある中学生の胸を大きくする方法を紹介したいと思います。

中学生は胸が大きくなりやすい大切な時期なんです

中学生の胸を大きくする

中学生になると思春期を迎えて、背も大きくなりますし胸も当然大きくなってきます。

なぜ思春期になると胸も大きくなってくるんでしょうか?

それは女性ホルモンが多く作られているからなんですね。

中1中2中3女子と言うのは、第二次性徴期という期間に当たります。

成長ホルモンが多く分泌され、大人の体へと変化をしていくんですね。

もちろん人によってその時期は多少ずれますから、先ほどのメールの子の様に少し遅い子もいるんです。

女の子の体の中では、脳は卵巣に「女性ホルモンを作りなさい」という命令を出しているんですね。

卵巣の中では、その命令に従って急激に女性ホルモン、エストロゲンを作り始めます。

このエストロゲンによって、胸は大きく成長を遂げるんです。

実際に胸が大きくなり始めるのは初潮の1~2年前くらいからですかね。

多くの人の初潮の時期と言うのが、ちょうど12歳くらいと言われています。

ですので、中学校に入ってくらいは、どんどんと胸も大きく膨らんでいく時期になるんです。

初潮の頃になると、女性ホルモンの分泌は非常に活発になっています。

卵巣では相当な速さでエストロゲンが生成され続けて、女性らしい体を作っていくようになります。

分泌されるエストロゲンの量が増えると、乳腺がどんどん発達していきます。

その発達した乳腺を保護するために、胸に脂肪を蓄えようとしていくんですね。

中学生も後半になってくると、体全体に脂肪が付き始めて、少女から女性の体つきへと変化していきます。

脂肪が付くと聞くと、どうしても太ってしまうと連想して、あまりいいイメージがないかもしれません。

ですが、魅力的な女性の体形である、丸みのあるヒップや腰のクビレを作るには、そういった脂肪が必要なんです。

もちろんバストも脂肪で出来ていますから、脂肪を蓄えるようにならないと、バストアップはなかなかできません。

ちょうど生理が始まる中1中2中3の時期には、乳腺が発達しますから、バストもふくらみが大きくなっていく時期です。

初潮などの時期は、どうしても人それぞれになりますから、早かったり遅れたりする子はザラにいます。

何かの病気でなければ、それは個性ですから、気にしなくて大丈夫です。

焦って他の女子と比べて、一喜一憂しないようにすることは大切だと思います。

ちなみに胸が少しでも膨らんできたら、バストが離れたり垂れたりしないようにする必要があります。

例えば、夜寝る時にも≫ナイトブラ≪という専用のブラがありますから、できるだけ付けて寝るようにしましょう。

綺麗なバストの形を作るためにも、とっても大切な事ですよ。

必見!中学生の胸を大きくする方法

中学生の胸を大きくする

1.睡眠をしっかりと取る

なんだ、そんな事なの?って言われそうですけど、この睡眠は馬鹿に出来ないんですよ。

睡眠にはゴールデンタイムと言う時間帯があります。

これが23時から2時辺りの事を指すんですが。

この時間帯にしっかりと睡眠を取っておくことが、バストアップには非常に需要です。

この時間帯は、成長ホルモンが非常に多く分泌される時間です。

つまり女性ホルモンも多く、胸を成長させるには貴重な時間と言えるでしょうね。

中1、中2、中3の時期はどうしても女子の友達なんかとラインやツイッターなどのSNSで夜更かししがちになります。

ですが、この夜更かしによって胸が成長しない、貧乳になってしまう原因になっているとしたらどうですか?

夜更かしや睡眠不足は胸の成長を妨げてしまいます。

しっかりと寝るようにして下さいね。

その際に先ほど紹介したような≫ナイトブラ≪を利用することで、胸をホールドして垂れない綺麗な胸を作ることが出来ますよ。

2.正しい姿勢を心がける

これ、意外にみんな出来ていないことで、特に背の高い女子に限って猫背って子が多いんですよね。

猫背になると、どうしてもリンパの流れが悪くなってしまいます。

また、胸筋も固くなってしまって、胸がしぼんでしまうんですよ。

猫背を改善して背筋をしっかり伸ばすことで、リンパの流れや女性ホルモンのバランスも良くなります。

また、胸筋も刺激されて、適度な刺激を与えられますよ。

勉強などでどうしても中学生の女子は猫背になりがちですが、こういった姿勢を心がけてくださいね。

3.豆乳などの大豆製品を毎日摂りましょう

大豆製品には、胸を大きくするためにとっても重要な栄養素が含まれています。

それは、【女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボン】が大量に含まれているんですね。

そして植物性のタンパク質も豊富に入ってますので、胸を大きくするためにはかなり重要な食品です。

とは言え、豆を毎日何も考えずに食べるっていうのは、中学生の女子には辛い所。

だからこそ、味噌汁はもちろん毎日ですが、それ以外に豆乳を飲むことをお勧めします。

実は豆乳は適度なダイエットにも向いていますし、もちろんイソフラボンは豊富です。

綺麗な大人の女性になるためにも、この豆乳を毎日摂る事がいいですね♪

豆乳の効果で胸が大きくなった≪という経験もありますから、ぜひ参考にしてみてください。

4.大胸筋や小胸筋にいい運動をしましょう

胸を大きくするには、脂肪や乳腺の発達が大事というのは書きました。

それ以外にも胸を大きくしてくれる方法があります。

それは、適度に筋トレをすることなんですね。

大胸筋の上に脂肪が乗るわけですから、その土台がある程度育っている方が胸は大きくなります。

それに前に出ることによって、ツンと大きく前に出た胸になってくれるわけです。

そうすれば、簡単にバストアップ出来てしまうんですよ。

だからと言って、ボディービルダーのような激しい筋トレは必要ありません。

膝をついて腕立て伏せをしたり、そういった程度の運動で十分です。

毎日やることが、バストアップには大事ですよ。

他にもいくつかできそうなバストアップの方法をまとめています。

一度チェックしてみて下さいね。

おっパイを大きくする方法≪はここからどうぞ♪

中学生の胸の成長を阻害するやっちゃいけないことは?

naito215

過度なダイエット

少しでも綺麗に見せたいって言う気持ちは、正直私もよく分かります。

でも中学生が行うダイエットのほとんどは栄養価が不足してしまうんですね。

中学生の時点で、食べる量であれば、不必要な栄養は一切ありません!

体脂肪を少なくしようとダイエットしてしまうと、胸の成長のための栄養もどんどん不足してしまいます。

この時期に過度なダイエットをした人ほとんどが、後に胸が小さくて悩んでしまうようなんです。

豆乳も上げましたが、それだけを食べたり飲んだりするのではなく、色んなものをバランスよく摂るようにしましょう。

夜更かしによる睡眠不足

これも最近の中学生には非常に多いと思います。

12時過ぎて寝るのなんか、当たり前って子がかなり多いようなんです。

スマホによるSNSなんかが問題になっているのもよく分かります。

この夜更かしで、女性ホルモンのバランスが崩れたり、分泌量もどんどんと減ってしまいます。

結果、女性らしい体になれず、痩せてガリガリになってしまったなどという話も聞きます。

しっかりと睡眠を取ることが、体の疲れを取り、成長を施してくれる最善の方法なんです。

中1、中2、中3という思春期にしっかりと胸を大きく成長させたいのであれば。

しっかりと睡眠を取って、女性ホルモンの働きを活性化させることを覚えておいてください。

中学生の今であれば、女性ホルモンは間違いなく多くなってきています。

それをどう使って、どう胸にしっかりと届けるかが重要なんです。

体の仕組みを知って、胸が大きく育つ環境を自分で整えましょうね。