胸が垂れる

なんだか最近胸が垂れてきたんです。。。

20代前半だとそんな事を考えたことも無かったんですが。

30歳を過ぎるとどうしても胸が垂れたり下がったりすることがあるんですね。

確かに年齢と共にと言う面もありますが。

しっかりとケアしていくことで、胸が垂れるのを改善したり予防したりできるんです。

こちらでは胸が垂れる原因とその改善方法について考えていきたいと思います。

ぜひ参考にして胸が垂れるのを防いでくださいね。

胸が垂れる原因は?こんなパターンがあるんです

胸が垂れる

胸が垂れると一言で言っても、実は色んなパターンが存在します。

当然それによって対処方法も異なってきます。

自分がどのパターンで胸が垂れているのかをまずは知っておきましょう。

年齢とともに胸が垂れる

最も多いパターンの胸が垂れる原因と言えばこれでしょうね。

実は20代後半からもう胸が垂れる危険性が高くなるんです。

・コラーゲンの減少
・大胸筋が衰える

こういった事が起こるのが大体20代後半と言われています。

胸のハリを保つために必要なのはコラーゲンですよね。コラーゲンは胸だけでなく皮膚全体のハリを作るために必要と言われます。

ただ、年齢と共にコラーゲンはどんどんと減少してしまいます。

これによって胸自体がハリが無くなって柔らかくなってしまいます。

そうすると、上に向かってツンッと上がっていたものが、どんどんと下に垂れてきてしまうんです。

胸が垂れると同時に、他のお尻や二の腕なんかも同じように垂れるのがこのコラーゲン不足です。

また、大胸筋も使わないとどんどんと弱ってしまいます。

なかなか意識しないと大胸筋は使わない筋肉です。ですので加齢と共に小さくなってしまい、胸の土台として脂肪を支えていたのが支えられなくなるんです。

そうして、胸が下や横に流れてしまって、結果胸が垂れる原因になるんですね。

産後に胸が垂れる

妊娠や出産後などは、女性は多くの女性ホルモンを分泌します。

そのおかげでドンドンと胸が大きくなるんですね。

ただ、その分クーバー靭帯も伸びてしまいがちになるんです。

当然授乳が終わると、女性ホルモンの量は一気に減少してしまいます。

そうすると、大きく育っていた胸は、乳腺を中心にまた小さくなってしまうんですね。

結果、伸びた状態のままになり、胸が垂れるという事になるんです。

運動のしすぎで胸が垂れる

実は運動は胸が垂れる原因になってしまうんですね。

もちろん適度な運動は体にも胸の成長にも非常に良かったりします。

ただ、激しく動くことで胸は上下左右に揺さぶられるんです。

ジョギングとかも実はこの状態になってしまいます。

そうするとクーパー靭帯が伸びて胸が垂れてしまうんです。

運動する際には激しい運動には注意が必要です。

垂れた胸を持ち上げる!7つの改善&予防法

naito256

じゃあ垂れた胸をどうすればいいのか?

もちろん胸の垂れの原因を防ぎつつなんとか改善したいですよね?

ここからは少しでも胸の垂を改善できる方法を紹介していきます。

自分に合うブラをつけて胸が垂れるのを防ぐ

naito100

10代や20代の女性はそれこそ毎年どんどんと体の変化が起きます。

当然胸の大きさも変わりますし、スタイル自体も大きく変化していきますね。

後、30代以降の女性も年齢を重ねるごとにやはり体の形は変わっていきます。

それこそ去年のブラがキツイとか緩いだなんてことが当たり前に起きるんですね。

もちろん自分でもいつもチェックすることはもちろんなんですが。

定期的にお店で採寸してもらって、自分の胸の大きさやカップも含めて合っているブラジャーを着けるようにして下さいね。

正しくブラジャーを付けましょう

自分に合ったブラジャーももちろん大事な事ですが。

それに加えて、正しい方法でブラジャーを着けるという事を意識してください。

胸とカップの間に隙間が空いたりだとか、脇のお肉がはみ出したままだとか。。。

毎回意識するのは面倒かもしれませんが、正しく着けるように気をつけましょう。

エクササイズで胸を鍛える

naito134

やはり胸が垂れるのを改善するには大胸筋の筋トレは重要になります。

先ほど、垂れる原因の所でもお話ししましたが、なかなか意識しないと鍛えれないところなんですね。

あまり使わないところですから、定期的なエクササイズが大事になります。

ここでおすすめしておきたい運動方法なんですが・・・

・合掌のポーズ
・膝立て伏せ

女性が胸が垂れるのを防ぐためのエクササイズとしてはこの辺がいいかと思います。

合掌のポーズっていうのは、手を胸の前で押し合うアレです。

簡単ですが、しっかりと大胸筋に効きますからいいですよね。

膝立て伏せも通常の腕立て伏せよりもさらに負荷は緩くなってます。

腕の力が弱い女性でも、毎日続けられると思います。

ここでエクササイズについて注意が一つ!

ボディビルダーの様な負荷の強烈なエクササイズはしないようにして下さい。

逆に胸が小さくなりますし、胸の脂肪が筋肉に代わってごっつい胸になってしまいますから。

あくまで軽めの負荷を継続して毎日やるのがいいですよ。

猫背の改善で胸の垂れるのが治る

naito259

猫背って胸にとっていいことは一つも無いんですよ。それくらいすぐにでも治してほしい部分です。

猫背になるとどんな影響がでるのか?

そもそも肩が前に出てきますので、横からの見た目は非常に悪くなりますよね。せっかくの胸も引っ込んで見えますから、サイズ以上に小さく見せてしまうと言う点があります。

また、その部分がどうしても凝り固まってしまい、血行の悪化やリンパの流れを滞らせてしまう原因になってしまいます。

そうすると、女性ホルモンやバストに必要な栄養素が胸まで届かなくなってしまうんです。

それによって胸のサイズが小さくなってしまうといった問題も発生します。

そして何よりもバスト周辺の筋肉が使われなくなります。胸を張っていると自然と使ってくれる筋肉なんですが、猫背になるだけでほとんどその周辺が動かなくなるんです。

当然、筋肉が衰えると胸が垂れる原因となってしまいます。

猫背でいいことは一つもありませんから、これは今すぐに意識して矯正していきましょう。

マッサージで血行とリンパの改善を

胸のリンパマッサージでバストアップ

こちらのサイト内でもマッサージについてはおおく触れています。

やはり垂れた胸を改善するにもマッサージで血行やリンパの改善は必須と言えますね。

胸のハリを取り戻したり、胸の大きさを維持したり・・・。

全てにおいて、その栄養素をきちんと胸まで届けないと全く意味が無くなります。

そのためには必要なものが届く道をしっかりと整備することと、老廃物を流す道も綺麗にしておくことが大事です。

簡単なマッサージなど紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

食事で胸の垂れ改善!

貧乳を改善できる食べ物

胸を大きくする食事と言えば、すぐに思い浮かぶのが・・・イソフラボンとかですか??

胸が垂れるのを防いだり予防したりするにはこういった栄養素が必要です。

・イソフラボンを多く含む納豆などの大豆製品
・柑橘類や緑黄色野菜などのビタミン類

女性ホルモンは胸を大きくしたりハリを保ったりしてくれる働きがあるのは知ってますよね?

大豆製品に含まれるイソフラボンはそれと同じような働きをしてくれるんです。

植物性エストロゲンという成分を多く含んでいるからなんですね。

後、胸の垂れるのを改善という事だと、ビタミンAがいいでしょうね。

ビタミンAには肌を強くする働きやバストにハリを与える働き、また弾力のあるバストにしてくれる作用があります。

こういったものを積極的に摂ることで、胸が垂れるのを改善したり予防したりできますよ。

良く食べるものとしては、緑黄色野菜・ニンジン・カボチャ・ホウレンソウ・トマト・レバーなどが挙げられます。

ナイトブラで胸が垂れるのを改善

ナイトブラ

最後に一番重要な点を上げますと、寝ている間の胸のケアが胸が垂れるかどうかのポイントになるって事ですね。

寝ている間、胸はどんな動きをしていると思いますか?

胸には当然ですが重力がかかっています。特に寝ている時は寝返りを打ったり、あっちこっち向いてますよね。

その時の胸の状態をちょっと想像してみてください。。。

左右に流れていたり、上から潰されたりしていませんか??

もしもノーブラで寝ていたら、胸は上下左右どちらでも行きたい放題ですよね。

そうすると、クーパー靭帯には相当な負担がかかってしまうんです。

せっかく昼間、頑張って寄せて上げてケアしているのに、夜は放置しっぱなしだと、全く意味がありませんよ。

それを改善してくれるのがナイトブラなんです。

ナイトブラを利用することで、しっかりと胸を包み込んでホールドしてくれます。

これによって胸は流れないですし、脂肪もちゃんと胸に形づけられるようになるですね。

胸が垂れるのを改善したいと思っている人は、決してノーブラで寝ないようにして下さい。