女性ホルモン 睡眠睡眠と胸の関係を聞いたことありますか?

これを知らないと胸が大きくなりません。

睡眠と胸を大きくする事の秘密の関係とは?

睡眠の大切さや効果がある睡眠の時間帯をご案内します。

胸を大きくする事をことを考えてみると睡眠は胸と関わりあると思いますか?

バストアップしたい私たちにとってはかなり関心のあるお話となります。

現実的にバストと睡眠においての知識を身につけておる人もいらっしゃることでしょう。

そういった人はおさらいという事で、もう一度理解しなおしてくださいね。

そう言えば、先日次のようなコメントをいただいたんです。

20代女性の方より

今までずっと胸が小さくて悩んでいる20代の女子です。
最近、バストアップに気を付けていますが、胸を大きくするのを希望するなら睡眠時間も関連があるでしょうか?

ちょっと夜更かし気味で、深夜1時から6時位までがいつもの睡眠時間です。胸を大きくするためにはどれくらい寝る事が必要でしょうか?

ご職業:サービス業


いやいや、それってかなり問題ありです!

そもそもどこが問題なのか?またどうすればいいのかをちょっと考えてみたいと思います。

まず胸を大きくする事と睡眠には関連性があります。

胸を大きくしたいのだとすれば睡眠も大切になってくるのです。

それじゃあどうしてバストアップに睡眠が重要なのか説明していきますね。

どうしてバストアップに睡眠が大事なんでしょうか?

睡眠って確かにバストアップに大事と言われています。

でも、ただ寝るのみでは胸を大きくする事は出来ないでしょう。

ただ寝るのとは違って寝る時間帯が重要というわけです。

じゃあ、何時ころに寝るのが一番効果的なんでしょうか??

その条件を満たす寝る時間帯は午後11時~午前2時になります。

これらの時間帯って実は「ゴールデンタイム」って言われているんですね。

美容関係に詳しい人はこのゴールデンタイムという時間を聞いたことがあると思います。

なぜゴールデンタイムがバストアップに重要なのか?

女性ホルモン 胸

この理由はゴールデンタイムの時間帯は、成長ホルモンが最も活発に分泌される時間帯なのです。女性においては、成長ホルモンだけに限らず、女性ホルモンも最も活発に分泌される時間帯とも言えます。

このホルモンは、実は思春期が最も分泌量が多いと言われています。

年をとるにつれて徐々に下がってしまい、20歳くらいから減り始めるんですね。

まぁ早いこと・・・・。

ですので特に思春期から20歳前後で女性ホルモンの分泌が多い時期の方は、この期間は思いきり睡眠を取るように心がけましょう。

年を取っていくと、女性ホルモンは減りますが、大人になってからだってある程度は分泌されますもので、寝ることはやっぱり大切なんです。ですので、安定した女性ホルモンを分泌するためには、睡眠と言うのが非常に大事になってきます。

寝る時間が遅いだとかそもそも睡眠不足だと、女性ホルモンの量が減少するので胸を大きくする事を邪魔してしまいますね。

もちろんこの時間帯だけ寝ていればいいとかというわけでは無いです。

就寝後、寝入ってから2時間以後に、女性ホルモンも成長ホルモンも分泌が増えます。

加えて、深い眠りに就いた方が成長ホルモンの分泌が盛んになるものでこっちも気を付けましょう。

ゴールデンタイムを含む7時間程度を熟睡する。

当たり前のことかもしれませんが、これが女性ホルモンを最も分泌できる寝る時間と言えますね。

そもそも女性ホルモンって何?

女性ホルモン 胸

知識があるようでよく分からない女性ホルモン・・・。

名前はよく聞くんですが、専門的に聞かれるとちょっと分からないことも多いですね。

実は女性ホルモンは二種類在って、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼びます。

エストロゲンは、女性らしい体を作るのと妊娠するための役割を持っています。

プロゲステロンは、妊娠を継続していく働きを持ちます。

これらの二つが毎回毎回繰り返され、カラダのバランスを調整しているんです。

という訳でホルモンが異常になると、色んな不調が発生する恐れがあるワケです。

それではこの重要な女性ホルモンについてもっと知っておきましょう。

女性ホルモンが増えると胸が大きくなるのはなぜ?

女性ホルモン 胸

女性ホルモンとバストアップの関係について触れていきたいと思いますね。

先ほども触れましたが、バストアップには、女性ホルモンがポイントであると言うのはお話ししました。

ちなみに詳しく言うとどんな関係なんでしょうか?

ここから更に詳しく女性ホルモンとバストアップの関係を見ていくとましょう。

エストロゲンの働きについて

エストロゲンは女性らしい柔らかくふっくらとした体を作り、

胸を大きくするホルモンと言われています!

女性の方が妊娠や出産に必要な体にする役割も同時に持ち合わせています。

エストロゲンの理由で乳腺が発達してくれるんですね。

少しずつ脂肪も増えてきますから、当然ながらバストの大きさも少しずつアップしてきます。

エストロゲンは乳腺の発達と脂肪を増やす両方の働きをしますから、胸を大きくするのに重要なホルモンだっていうのが分かりますね!

プロゲステロンの働きについて

プロゲステロンって本当にバストアップに必要なの?と聞くかもしれません。

ですが胸を大きくする外すことができないホルモンの一つと言えます。

プロゲステロンはそもそも妊娠するように必要で、妊娠した際胎児を守る大切な働きを持っています。

でもそれだけだと胸を大きくするのに必要な感じがしないですね・・・。

それ以外に母乳を作ることに必要な乳腺を発達させるホルモンという側面も持っているんです。

というわけでプロゲステロンは、胸を大きくする乳腺を作るという効果を持ったホルモンと言えますね。

乳腺は胸を大きくするためのキーポイント

先ほど紹介したエストロゲンとプロゲステロンにより、

乳腺は成長して発達していくという事は分かったと思います。

バストアップする為には、乳腺は非常に重要な物と言えます。

乳線は、胸の大きさに大きく関係してくることは間違いありません。

乳腺の発達により、胸周辺の脂肪も増えていき、ふんわりとした美しい胸を作っていってくれるのです。

ゴールデンタイムに熟睡する3つの方法

女性ホルモン 胸

・寝る前にゆっくりとストレッチ

・アロマなどでリラックスする

・適度な疲労を与える


もちろん色々な方法はあると思いますが、熟睡することは非常に大事です。

女性ホルモンが増えると胸は大きくなる。その女性ホルモンには質のいい睡眠が必要である。

これらの関係を覚えておいて、いい睡眠をとりましょう。

睡眠以外には何が必要なの?

しっかりと睡眠は取れるようになった。。。

でもまだ胸が大きくならないんです。

そんな方もいらっしゃると思います。

睡眠以外にも効果がすぐに出る方法があと4つほどあります。

ぜひこちらをチェックして実践してみてください。

おっパイを大きくする方法【5選】簡単で効果が出るのだけ厳選!